テクノロジーと福祉の融合 ~ miyasuku

ようこそ ログイン

■ 新着情報

29 件中 11 〜 20 を表示

「miyasuku EyeConSW」リリースが 12月17日に決定しました!

スイッチコントロール機能を拡充し、
更に、ご要望の多かったmiyasuku専用≪メール機能≫を搭載!
既にご利用されているユーザー様には、
ダウンロード更新のみ、無償でバージョンアップできるように致します。

miyasuku EyeCon《Version 2.0》が大幅機能UPして新登場。2016年6月1日リリース!

Version 2.0 では、視線だけでなく《外部スイッチ》を使って
「意志伝達」や「パソコン操作」ができるようになりました!

★miyasuku EyeCon 《Version1.0》をご購入済みのお客様は、
 miyasuku EyeCon 《Version2.0》を無償でダウンロードできます。
 USBメモリでの提供を希望される方は、《2,160円(送料・税込)》
 で提供させていただきます。

以下は、主な追加機能です。
http://www.miyasuku.com/software/18

●《外部スイッチ》による走査モードを追加しました。
 ※キーボードのスキャンによる操作。
 ※デスクトップ/アプリのスキャンによる操作。
 ※スイッチには、「Joypad」も使えます。

●デスクトップ操作時に《分割スキャン》ができるようにしました。
 ※分割数は、任意に変更できます。
 ※分割したブロックを選択すると、そのブロックが《拡大》され、走査にて決定できます。

●Microsoft WORD/Excel等の操作補助用に《矢印キーパッド》を追加しました。
 ※外部スイッチで操作できます!
 ※スイッチの複数回ONでスキャン速度を変更したり、キーボードの表示/非表示ができます。
 ※走査速度は、「枠」と「十字線」を別々に設定できます。

●《標準》キーボードに「クリップボード操作」や《矢印キーパッド》の機能を追加しました。

●《意思伝達専用》キーボードを追加しました。

●《設定機能》を大幅改良しました。
 ※設定機能を分類ごとに整理しましたので、設定し易くなりました。

●《操作パネル》のサイズ設定ができるようになりました。
 操作パネルが端にあって見難い方でも、パネルを大きくすることにより改善されます。

●《操作パネル》に「呼出しベル」・意思伝達モード

●miyasuku EyeCon 起動時の《意思伝達機能》の設定(自動起動等)を追加しました。

●miyasuku EyeCon 終了時にパソコンをシャットダウンできるようにしました。

●《定型文》の設定を大幅改良しました。
 ※1画面に表示する定型文の個数の設定(縦×横の個数)
 ※定型文の優先順位の設定
 ※ボタンの表示位置の設定

●《カード》の設定を大幅改良しました。
 ※1画面に表示する定型文の個数の設定(縦×横の個数)
 ※カードの優先順位の設定
 ※ボタンの表示位置の設定

miyasuku EyeConの視線検出装置のランプが点灯しない問題について

先日から(特に、Windows10において)、miyasuku EyeConで「視線検出装置の赤いランプが点灯しない」というお問い合わせが数件ありました。
Windows起動時に他社製の視線検出装置用プログラムの起動に時間が掛かった場合、Windowsがこのプログラムの起動を止めてしまう事が原因でした。
他社製プログラムの起動時間の問題ですが、miyasuku EyeConに対応処理を追加しました。

順次、更新版のインストーラを配布しますので、しばらくお待ちください。

更新版のインストール前に、視線検出装置の赤いランプが点灯しない場合は、以下の手順で対応をお願い致します。
 1.[コントロールパネル]⇒[システムとセキュリティ]⇒[管理ツール]と操作し、[サービス]を起動してください。
 2.[サービス]画面の一覧から[Tobii Service]を探し、右クリックメニューの「開始」を選択してください。

トビー社「PCEyeGo」・「PCEyeえくすぷろあ」に対応しました!

「miyasuku EyeCon」をトビー社「PCEyeGo」・「PCEyeえくすぷろあ」のマウスエミュレーションモードで使えるように対応しました!

11月1日 「miyasuku EyeCon」を正式リリースいたしました!

詳しくは、下記までご連絡いただけますようお願い申し上げます。
E-Mail : info@miyasuku.com
電話 : 082-850-1020 (担当 中島)

本日、以下のアプリケーションを正式リリース致しました!

【miyasuku アプリパック】

広汎性発達障害や高次脳機能障害を持つ方向けのリハビリ用ソフトウェアが《20本》収録されています。
キャリア豊富な相談支援専門員、大学教授監修のもとで開発されたアプリを一挙に公開いたします!

【miyasuku EyeConLT】

2015年10月発売予定の「視線入力による意志伝達システム」
《miyasuku EyeCon》の簡易版(シェアウェア)です。
例えば、特別支援学校の先生がPowerPoint等で作成した教材を、生徒さんが《視線》で操作したり、テスト問題の回答をしたり…
活用範囲は無限です!
また、クリック操作は外部スイッチ(マウス/ゲームパッド)でも可能ですので、「注視」が難しい方にとっても大変有効です!

miyasuku Keypad 1台で「Windows/iPad/Androidタブレット」を操作できるようになりました!

キーパッドの設定を変更することで、WindowsPCはもちろん、iPadの色々なアプリを操作できるようになりました。
また、Androidタブレットやスマートフォンをマウスカーソルで操作できます。

お客様からの問い合わせに関する回答です。

①miyasuku「Keypad」の半額キャンペーンは
 まだ利用できますか?

 【回答】はい、利用できます。

②miyasuku「Keypad」は試用期間などのレンタルなど
 できますか?

 【回答】レンタル機器につきましては、台数に限りがございますので、
     メールもしくは電話にてお問い合わせ下さい。

③miyasuku「Keypad」は福祉機器でしょうか?

 【回答】お客様が市町村に届出いただければ認定されると思います。
     この場合、弊社も市町村と契約書を交わす必要があります。
     ちなみに、「miyasuku Remocon」は、認定されました。

その他、ご質問等ございましたら、
お電話でも対応させていただきますので、
下記までご連絡下さい。

082-850-1020 担当 中島

miyasuku「Remocon」のリリースを開始しました!

頚椎損傷などにより四肢が不自由な方が、顎などでスイッチを動かしてパソコンを直接操作するための装置です。

また、学習リモコン機能を搭載しておりますので、付属のソフトウェアによってパソコンからテレビや家電製品を操作できます。

【注意】一部の家電製品については、操作できない機種があります。

「miyasuku カードコミュニケーション」が ダウンロード可能になりました!

このアプリは、幼児や発達障害児者とのカードコミュニケーションをスマートフォン(Android)を使って行うためのツールです。
カードを「音声」で検索し、画面に表示します。
カードの登録も簡単で、音声で言葉を話し、ギャラリーから写真を選択するだけでOKです!